フジワラ化学株式会社
HOME
ご自分で塗られる方へ
内装仕上塗材 外装仕上塗材 珪藻土仕上材 ご自分で塗られる方へ 教材 健康補助食品
HOME > DIY商品(ご自分で塗られる方へ) > 珪藻土壁材 > 珪藻土壁材の塗り方
珪藻土壁材の塗り方
珪藻土壁材の塗り方 ムービーを再生する
※別ウィンドウが開きます。

1.準備するもの

珪藻土壁材 1坪用と3坪用があります。
アクドメール 下地強化が必要な場合にご用意ください。
凹凸スポンジ、コテバケ、コテ、
ゴムベラ、スムーディなど
仕上げのお好みによって選んでください。
バケツなどの容器 練る壁材の量に合わせたものをご用意ください。器具等の水洗い用のバケツも1個用意しておくと便利です。
水の量を量るために、 2l と 500ml 空のペットボトルを利用すると便利です。
マスキングテープ、シート 新聞紙などでも代用が可能です。
霧吹き 必要に応じてご用意ください。
マスク 必要に応じてご用意ください。
ビニール手袋 必要に応じてご用意ください。
※すべて必要というわけではありません。
準備するもの
※別ウィンドウが開き、ムービーが再生されます。


2.養生をする

壁面のホコリ等は、ブラシ、掃除機などであらかじめ取り除きます。
珪藻土壁材の厚みの分だけ(2mm程度)壁面より離して、マスキングテープを貼ります。
養生
※別ウィンドウが開き、ムービーが再生されます。


3.下地処理をする(必要に応じて)

■古壁下地の場合 ■石膏ボード、合板等の下地の場合

a.手で触っても落ちない強い下地の場合
珪藻土壁材を直接塗ってください。

b.少しポロポロ落ちる弱い下地の場合
乾いたタオル等で、表面の落ちる部分を軽くこすって落した後、掃除機等で表面の粉分を吸い取ってきれいにしておきます。その後、水性下地強化剤(アクドメール等)を塗って、弱った下地を固めます。アクドメール使用の場合は、原液を水で2〜3倍に薄めたものをローラー等で塗って、約1日程度十分に乾燥させます。



c.少し触っただけでボロボロ落ちる極端に弱い下地の場合
霧吹き、濡れタオル等で古壁に水を浸み込ませ、柔らかくしてから、ゴムベラ等で完全に取り除いてください。
 
ボードのジョイント(継ぎ目)部分にメッシュテープ(ファイバーテープ)を貼り、その上からパテ処理をしておきます。同時に釘、ビス山等の凹凸もパテ処理して、パテが乾燥したらサンドペーパーで平滑にしておきます。化粧合板(プリント合板)の場合は、表面をサンドペーパ等で荒らして、粉分を拭き取ってから、珪藻土壁材を塗ってください。また、錆の出る恐れのある釘、ビス等を使用している場合は、頭の部分に、錆止め塗料を塗っておきます。

■凹凸のあるビニールクロス及び、古壁下地の場合
きれいに仕上げる為には、使用する珪藻土壁材を少しだけ固めに練って、あらかじめ、コテ、ヘラ等で下地の凹みを埋める程度に薄くしごき塗りし、壁面全体を平滑にしてください。 (コテ、ヘラを少し立てぎみにして、凹みを埋めてゆくと薄くて簡単に埋めることができます。) 乾燥後(薄塗りなので、半日程度で乾燥します。)、もう一度、仕上げ塗りをします。

※カビが発生している場合は、市販のカビ取り剤で必ず処理してください。
下地処理
※別ウィンドウが開き、ムービーが再生されます。


4.珪藻土壁材を練る

容器(タライ、バケツ等)に基準水量より、若干少なめの水を入れ、珪藻土壁材を加えて練り混ぜます。少しずつ水を加え、マヨネーズより少し固め、スポンジ、コテ等ですくった時に、ポタポタ落ちない程度の固さに調節します。練り始めは、ダマがつぶれ難いので、珪藻土壁材を塗る数時間前に軽く練っておき、塗る直前でダマをつぶしながら練ると簡単によく練れます。壁塗りをする前日に練っておいても、ラップやビニール袋をかけるなどして乾燥しないようにしておけば、容器の中で壁材が固まることはありません。

※一部屋又は一壁面を塗るのに必要な材料は、必ず一度に練りあわせてください。壁面途中で材料不足を起こさないために、新たな壁面に取りかかる前に材料の量を確認してください。もし、途中で材料が足りなくなりそうな時は、使用している材料に新たな物を混合して使用してください。

※水で練った珪藻土壁材は、水分が蒸発しないうちに、ラップやビニール袋をかけるなどして、容器を密封しておけば、数日後でも使用できます。


練り
※別ウィンドウが開き、ムービーが再生されます。


5.壁面に珪藻土壁材を塗り付け、仕上げる

炊事用凹凸スポンジ、コテバケ、コテ等で珪藻土壁材を塗り付けて、仕上げ模様に応じた道具で仕上げます。慣れないうちは、壁面の上から下へ3分の1位ずつ塗り付け、表面の水が引かない間に仕上げると簡単、きれいにできます。次に炊事用スポンジの凹凸面で塗り付けて、各種道具で仕上げた例をご紹介します。

塗り
※別ウィンドウが開き、ムービーが再生されます。

■仕上げ例

そのままスポンジの凹凸面を使って仕上げた例   コテで仕上げた例
 

コテバケで仕上げた例
 
仕上げヘラ「スムーディ」で平滑に仕上げた例

※塗り付け、仕上げ作業は、壁面の途中で中断しないで、壁面の区切りの良いコーナーなどで終えてください。
仕上げ
※別ウィンドウが開き、ムービーが再生されます。


6.養生(マスキングテープ)をはがす

マスキングテープをはがすタイミングは、2通りあります。

a.
壁材が、乾かないうちにはがします。この場合は、テープで塗った面をこすらないように気をつけてください。

b.
壁材が完全に乾いた後、カッターでテープと塗った面との境目に切れ目を入れながら、外側に向けてテープを引っ張りながら剥がすと、スムーズに剥がせます。


7.完成です

古くなって汚れが染み付いていたせんい壁も、明るくて素敵な壁に大変身しました。
お部屋も明るく、居心地も最適です。


8.施工後のメンテナンス

時の経過で付着する日常的な汚れ、手垢等は、強く絞った濡れタオル等でかるく拭いてください。
施工後のメンテナンス
※別ウィンドウが開き、ムービーが再生されます。


製品TOPへ戻る ページTOPへ戻る

内装仕上塗材外装仕上塗材珪藻土仕上材DIY商品(ご自分で塗られる方へ)教材健康補助食品
会社概要サイトマップお問合せよくある質問採用情報English
フジワラ化学株式会社 ホームケア事業部
〒799-1342 愛媛県西条市大新田94
フリーダイヤル 0120-64-2421 FAX 0898-64-4034
※土・日・祝・指定日をのぞく 8:00〜17:00
サイトご利用にあたって 個人情報の保護について
Copyright (C) 2005 Fujiwara Chemical co.,ltd. All Rights Reserved.